ソルベンシーマージン比率

保険は加入すると、生涯あるいは長期間付き合うものです。
ゆえに万一、破綻することは契約者をはじめ社会的影響も大きくなります。
そんな保険会社の経営の健全度をみる上で参考になるのがソルベンシーマージン比率です。
この比率で分かるのは保険会社の支払い余力です。
数値が高いほど、支払い能力が高いということになります。
過去、破綻した保険会社の多くは数値が低くかったことがあり、数値と規制の厳格化も図られました。
現在は金融庁の指導により、数値が200%を下回った場合は早期是正措置がとられ、早期の経営の健全度が図られます。
加入する保険の中でも特に気をつけたいのが貯蓄性の高い保険です。
掛け捨てであれば影響度も少ないのですが、貯蓄性のある保険はマーケットで運用していることもあり、リスクも伴います。
医療保険や定期保険のような掛け捨てのタイプではそれほど過敏になる必要はありませんが、貯蓄性のある個人年金保険や終身保険などのような貯蓄性もある保険は注意しておいた方が無難です。
比率の傾向としては大手生保・損保を中心にダイレクト系の保険会社も数値が高い傾向にあり、保険金の支払い能力などを示す格付けと合わせてチェックすることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。