クーリングオフ

クーリングオフとは、消費者が訪問販売やマルチ商法などで自分の意志にそぐわない取引をしてしまった時に一定の期間内であれば無条件で解約できる制度です。
適用できる具体的な日数ですが、取引方法によって異なります。
電話や訪問での勧誘販売、キャッチセールスやアポイントセールスは8日間です。
訪問購入(業者が消費者のもとへ訪ねたうえで商品を買取する)の場合も8日間になります。
エステや各種教室、結婚紹介所などの特定継続的役務提供も同じく8日間です。
また、マルチ商法や内職商法、モニター商法等は20日間になります。
日数の計算方法ですが、申込書面か契約書面をどちらか早い方を受け取った日からになります。
気を付けなければいけない事は、通信販売にはこの制度は適用されないということです。
上記の取引方法でも、この制度が適用外になってしまう場合もあります。大切なことは、解約をしたいと思ったら、悩んでいないでとにかく期間内に、一度消費者センターなどに相談をしてみるということです。
不意な契約は、多くの人が経験してしまう可能性がある事ですが、対処法を知っていれば、万が一契約を結んでしまってもきちんと対応をする事ができるのです。

コメントは受け付けていません。