保険業法

保険契約は万一の際の備えとしてひじょうに重要ですが、強引な勧誘行為などの保険募集に関わるトラブルも多いことから、保険業法では契約者保護のためのさまざまな規制を設けています。
まず、保険募集をするにあたっては、代理店として登録を受けるか、保険募集人として登録をすることを要し、一定の知識経験のない者を排除して、契約トラブルの未然防止を図ることにしています。
保険の勧誘にあたっても、所属と氏名を明らかにした上で、相手の知識経験や財産状況などにしたがって適切な説明をすることを義務付けています。
現在、保険商品は銀行窓口でも販売できるなど規制緩和が進んでいますが、そのかわりに保険募集の禁止条項を設けて、銀行に融資を申し込んでいる最中の人に対し、その立場を利用して保険商品を勧誘するなどの行為を禁じています。
また、銀行にかかわらず、相手に虚偽の内容を告げたり、重要事項を意図的に告げなかったりして保険契約に持ち込むことや、不利益になる可能性を告げずに他社の保険からの乗換えを勧誘するなどの行為も禁じています。
契約の引受けにあたっても、契約者から正確に職種、既往症、事故歴などの告知を受けるとともに、最終的な契約意思の確認を厳密に行うこととされています。
また、1年未満の保険契約などは対象外ですが、クーリングオフとして、契約から8日以内に書面により申し出をした場合には、契約の申込を撤回できる権利を定めるなど、契約者にとって十分な法的保護が図られるようになっています。–¼Ì–¢Ý’è-2

コメントは受け付けていません。