保険法

保険契約に関する一般的なルールはこれまでは商法に規定されていましたが、全面的に見直しがなされ保険法という法律が平成22年4月から施行されています。保険契約者の保護の観点から定められた事項が多くなっています。保険の契約をして保険料を支払う契約者は保険に加入する時に保険金受取人を決める必要があります。普通は配偶者および2親等以内(祖父母、兄弟姉妹、孫)の血族の範囲で指定します。保険金受取人の変更をするときには被保険者の同意が必要です。被保険者とは保険の対象となる人のことです。学資保険の場合なら子供になります。その人に何か死亡、事故による怪我、病気など保険契約上の事実があったら保険金が下りるのです。森林02
保険金を受け取ることができる権利は受取人固有の財産とされています。民法上でも死亡保険金は相続財産に含まれていません。

保険の契約をする人、受取人、被保険者が誰であるかにより支払う税金の種類が異なってきます。所得税、相続税、贈与税などです。
注意しなければならないのは独身の時に加入した保険契約は受取人が親になっていることが多いことです。結婚などをして新しい家族ができた時には受取人の変更も当然必要になってきます。

コメントは受け付けていません。